HOME > この仕事への思い

3.11の日、私は港湾工事の為潜水作業を行っておりました。
作業中、海中内で凄まじい轟音が聞こえ、陸上に上がると防波堤等が激しく揺れ、陸上作業員は立つことも厳しい状況でした。
地震が収まると、高台に避難しながら、会社に戻ってくる途中で津波が押し寄せ大船渡の町を破壊していきました。 港湾工事を各現場で行っておりましたが、1人の死亡者も出なかったことが幸運でした。船舶・機材等は津波で流失しました。
震災後は、器材等が無い中瓦礫の撤去・車両引上げ・捜索等を行い、現在は震災復興を主として仕事をしております。
潜水士という特殊すぎる業種の為、人手不足が深刻化している中で弊社では、潜水士20名所属しており震災復興に向け頑張っております。

これからも橋野潜建をどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社 橋野潜建 代表取締役 高橋 寛信